スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクトの現場から(スモーキーマウンテン)

スモーキーマウンテン                  

 モーキーマウンテン事業担当 ノリエル・メモラシオン


 ジョマールの夢-スモーキーマウンテンのなかまと最高のサッカーチームを-


スモーキーマウンテンの住民リーダーだった故マルーさんの息子ジョマール(17才/写真、中央)は、アクセス・フィリピンが組織するサッカーチームのリーダーです。大好きなサッカーについてジョマールにたずねると、彼は静かな低い声で答えてくれました。

Q:あなたにとってサッカーとは?

僕にとってサッカーは自己表現の手段であり、人生の宝物です。サッカーは僕を幸せな気持ちにしてくれます。『自分の世界』を持つことができる。知識、技術、持つものすべて

を生かして、やりたいこと

が出来るんです。

Q:どうしてサッカーが好きなの?

サッカーを通じて、強い心を持つことや、他者の気持ちを思いやること、自己を律する方法を学ぶことが出来るから。

Q:サッカーを一言で言い表すと?

規律です。自分の技術を見せびらかすのではなく、自分自身、そしてチームメイトを信じることが大切。そのためには規律が必要です。

Q:サッカーにおいての、あなたの目標は?

プレイ中はもちろんゴールを決めることですが、同時に技術や関係する全てのことを向上させることです。サッカーを学びたいと思っている同世代に、サッカーを教えたいとも思います。サッカーの楽しさ、目標を達成した時の喜び若者たちに知ってもらいたい。試合に負けたとしても、幸せや喜びを共有出来たという点で誰もが勝者だと思います。

教会やNGOがジョマールの夢をサポート

ジョマールはフィリピン・クリスチャン基金のサッカーチームに所属し、そこで指導を受けたり試合に参加することができています。こうしたチームに所属できるというのは、都市スラムで暮らす子どもにとっては、とてもラッキーなことです。

また、Branchforth FoundationというNGOが開催するサッカーセミナーにも参加しています。日本の市民によって支えられ、子どもの教育支援に熱心に取り組む同NGOは、サッカーを「子どもたちの健全な発達を促すもの」として重視しています。10月以降、Branchforth Foundationは、ジョマール率いるスモーキーマウンテンの若者で構成されるサッカーチームのなかまもセミナーに招待してくれるようになりました。このことで、「スモーキーマウンテン出身のなかまで最高のチームを作る」というジョマールの夢は一層膨らんでいます。同NGOスタッフも、貧困の中で生きてきたジョマールのような子どもたちによるサッカーチームを育てていきたいと願っています。

サッカーとNGO活動に共通するもの

私はサッカーは素晴らしいスポーツだと思います。なぜなら、NGOが努力してやろうとしていることが、サッカーにおいても実現できるからです。NGO活動でも、サッカーでも、他者を理解する謙虚さ、他者の声にじっと耳を傾ける辛抱強さ、目標達成に向けて努力しつづける忍耐強さが求められます。些細なことにも公平さを追求し、チームワークを重んじ、計画することが大切です。私たちはサッカーやNGO活動を通じてそうしたことを学び、人生においてもその学びを生かしていくことができるのです。

私はスポーツに夢中になってしまったこの若者たちが、今後もスポーツとのかかわりを継続し、他の人に刺激を与えられるようになっていくことを願わずにはいられません。感動させるだけではなく、人々を励ますことが出来るスポーツは、若者たちの一生の友として、人生で大切なことをたくさん教えてくれるはずです。

■Branchforth Foundation ホームページ

http://branchforthfoundation.com/index.php/branchforthfoundation.com/index.php/






   
スポンサーサイト

プロジェクトの現場から(ペレーズ)

ペレーズ
 

「小学校を卒業したい!」

奨学金サポーターからの支援を受けたいと願う子ども、アイシーちゃん(7歳)を紹介します。



ジェネリサとノイが暮らすペレーズ地区。ほとんどの人が十代で結婚するこの地域で、二人は26歳のときに結婚しました。二人の間には、とてもかわいらしい7歳の女の子、アイシーがいます。アイシーは、ダンスを踊ったりモデルの真似をしたりして、両親を楽しませます。テレビで見たフィリピンの芸能人をまねするのです。両親が家や裏庭の掃除をしだしたら、アイシーはすぐに手伝いをはじめます。片手でアイシーを抱きながら、もう片方の手で家事をこなしてきた母親ジェネリサからです。貧困の主要な原因の1つは、人口増加や多産である、とよく言われます。しかし、アイシーの家族には、それはあてはまりません。この3人家族は、1ヶ月の世帯収入がたったの月25ドル(約2,200円/1ドル=88円)! とても厳しい生活を強いられています。ほとんどの人が漁業や農業に従事しているペレーズ地区で、父親のノイは溶接を仕事としています。鉄製の農具や漁具、防犯用鉄格子、自転車・オートバイなどの鉄製の部品を溶接する技術を持っているのです。しかしノイは、溶接機械や鉄のバールなどの道具を持っていません。技術とやる気はあっても、道具がないために、一日1ドルも稼げないのです。

 アイシーは父親が働いているそばで遊ぶのが好きです。モーターが動く様子や、さまざまな部品が組み合わさって機械が動く様子、物を作り出していく様子を見るのが好きなのです。そんなアイシーの夢は、技術者になること。好きな科目は算数です。


★奨学金サポーターを募集しています!

詳細は、事務局までお問い合わせください。



プロジェクトの現場から(ピナツボ)

中刷り「プロジェクトの現場から」_convert_20130614015634
ピナツボ
マニラへの小旅行
ピナツボ事業担当 ジェネット・アルバロ/アイリーン・ブラヤグ

12月1日、ミトラ小学校の3年生と4年生20名が保護者や教員とともにマニラに行く小旅行がありました。朝3時に起きてしたくをし、6時に出発しました。
 まず訪れたのは、フィリピン独立の父であるアンドレス・ボニファシオとホセ・リサールの記念碑です。生徒たちは8月以来、ボニファシオの祖国を愛する気持ちを込めた3ページの詩を暗唱してきたので、ボニファシオの記念碑の前で詩を口ずさんでいる生徒もいました。
 次に訪れたのはマニラ動物園です。ふだん牛や豚などの家畜しか見たことのない生徒たちにとって、一つ一つが興味深いものでした。反面、畑や庭でいつも見ている、生き生きとした表情の動物たちとは対象的で、檻の中で元気のない動物たちの表情も印象的でした。
見て、その劣悪な環境に驚いたばか りでしたから、そこで生活している仲 間との交流は、子どもたちだけでな く、保護者にとっても、マニラについて 持って いたイメージを大きく変えるも のでした。
ピナツボ被災地での生活は厳しいけ れど、マニラにももっと厳しい環境の 中で生きている人がたくさんいるのが 実感できました。
自分たちの村は自分たちで力を合わ せて改善していこう、という気持ちが  ふくらんできたように思います。それ  はボニファシオが詩に込めた、「フィリピン国民が力を合わせて、自分たちの国を作っていこう」という言葉に通ずるものです。


写真キャプション:ボニファシオの詩の暗唱をする子どもたち

スモーキーマウンテン保健衛生プログラムの躍進

支えあい、輝く女性たち
スモーキーマウンテン保健衛生プログラムの躍進

image09.pngフィリピンの首都マニラにあるゴミ捨て場周辺スラム、スモーキーマウンテン。フィリピンの都市貧困層の中でも、最も底辺で生きる人々がここで暮らしています。住民にとって、ゴミ処理場は働く場であり、生活の場でもあります。「常にゴミに接して生きている」といっても過言ではないこの地域で、人々の最大の悩みは、不衛生で危険な生活環境によって引き起こされる病気や怪我です。
スモーキーマウンテンには病院も診療所もないため、多くの住民は病気や怪我をしても、何の手当てもせずに我慢することがほとんどでした。そんな状態をなんとかしようと、2006年にアクセスは、地域内に多目的保健センターを建設しました。現在、この多目的保健センターは、ヘルスワーカー育成研修を受けた住民11人が、アクセスのサポートを受けながら運営しています。


多目的保健センター5つの取り組み
image09.png・健康相談と応急処置
ヘルスワーカー11人(地域住民/有償ボランティア)が多目的保健センターに交代で勤務し、24時間体制で住民の病気や怪我に対応。年間約2700人の患者を受け入れています。
・患者を見つけ出す
ヘルスワーカーは多目的保健センターで患者を待つだけでなく、地域を歩いてまわり、動けない患者や、病気や怪我を我慢している人を見つけ、適切な手当てや助言をします。
 
image07.png・ヘルスワーカー育成研修
ヘルスワーカーの保健衛生に関する知識を増やし、スキルを向上させるための研修を月2回のペースで実施しています。
・住民向け保健衛生セミナー開催
結核、デング熱、下痢の予防法や、家庭での手当ての仕方を学ぶ、母親向けセミナーを開催。過去1年で5回、503人が参加しました。
・健康キャンペーンの実施
手洗いの習慣をつけることで下痢やインフルエンザなどの感染症を防ごうというキャンペーンを実施しています。

*写真:(上)センターで、喘息の発作をしずめる吸入を受ける子ども。 
(下)ゴミ捨て場から拾ってきた資材でつくられた家々が並ぶスモーキーマウンテン地区。

本事業は、庭野平和財団の2011年度助成事業です


住民に安心を提供する多目的保健センター

image09.png24時間体制で初期治療に対応する多目的保健センターが地域内にあることは、住民にとって大きな安心になっています。深刻な病気ではないかと案じ、お金と時間を費やして数キロはなれた病院に行くことは、住民にとって大きな負担でした。多目的保健センターで基本的な手当てが受けられるようになり、多くの住民が痛みや辛さを軽減できるようになりました。
喘息患者からは、「発作が起こっても、吸入器を利用できるので安心」といった声が届いています。また、以前は頻繁に下痢を起こしてセンターに連れられてきていた子どもが、手洗いをしっかり行うようになってから、下痢を起こす回数が減ったという報告もあります。(左の写真:ヘルスワーカー育成講習の様子)



学び、考え、協力するヘルスワーカー
ヘルスワーカーをしているのは、スモーキーマウンテンで暮らす住民です。アクセスの活動に参加するまでは、保健衛生について特別な知識を持っていたわけではありませんでした。アクセスは、「知識はなくとも、地域のために活動しようという想いのありそうな人々」に声をかけ、ヘルスワーカーとして活動するために必要な、基礎的な保健衛生に関する研修を行ってきました。現在、10名の母親と、1名の父親がヘルスワーカーとして活動しています。研修は月2回、さまざまなテーマで行われています
87.jpg
ヘルスワーカー育成研修テーマの一例
・脈拍、血圧、体温の測定方法
・発熱、高血圧への対処法
・デング熱の原因、予防法、治療法
・薬草の使い方と効能
・指圧による対処法
・抗生物質の良い点、悪い点



写真:アクセス・フィリピン 保健衛生事業担当 ジェニファー・モラロス


アクセス・フィリピン 保健衛生事業担当 ジェニファー・モラロスのコメント

ヘルスワーカーは、地域で信頼され、尊敬される存在
ヘルスワーカーは研修で学んだことをまず、家族が病気になった時に実践します。近所の人や友人にもその知識や経験をシェアします。すると、周りの人たちから頼られるようになり、病気や怪我の相談はもちろん、悩み相談まで持ちかけられるようになります。地域の中で、信頼され、尊敬される存在に変わっていくんです。そうした経験をへて、ヘルスワーカーは「人のために活動し、役に立つ」ことを、喜びと感じるようになってきています。
「病気の原因を理解し、原因に対処することで病気を予防する」実践は、問題を分析し、解決方法を考える訓練になります。そういった経験を通じてヘルスワーカーは団結を強め、地域のほかの女性たちや若者たちも巻き込みながら、立ち退き問題や、家庭内暴力、人権侵害などの問題にもとりくもうとしています。


スモーキーマウンテンで暮らす人々
6500人もの人々が暮らす、ゴミ捨て場周辺スラム「スモーキーマウンテン」。農村から仕事を求めて都市にやってきたものの、職に就くことができず、スラムで小さな部屋を借りる余裕すらもなく、ホームレスになるかゴミ捨て場に暮らすか…という選択肢しか残っていなかったような人々が、簡素な家を建てて暮らしています。ここでは、ゴミの中から換金可能なものを拾いさえすれば、なんとかその日の食費を稼ぐことができるからです


フィリピンの財団、行政、NGOも協力
年間2700人を受け入れ

アクセスの会員・支援者の皆さんや、助成団体(今井記念海外協力基金/庭野平和財団)からの協力のおかげで、これだけ発展してきたスモーキーマウンテンの保健衛生活動ですが、2012年は、フィリピンで活躍するNGOや財団、行政などとの連携もすすみ、さらに多くの住民に医療・保健衛生サービスを提供できるようになりました。
無料診療活動で185人を診察
image09.png2012年6月・7月には、マニラ・チャイナタウン財団と共同で、医師・看護師団をスモーキーマウンテン地区に招いて、無料診療活動(メディカル・ミッション)を実施しました。アクセスの多目的保健センターを会場とし、受付、体温・脈拍・血圧の測定をヘルスワーカーが担当。のべ185人の患者が医師の診察を受けることができました。(左の写真:無料診療活動で受診しに来た患者に、事前説明をする様子)



難しかった結核治療も実現! 
image08.pngスモーキーマウンテン地区で見られる深刻な病気の1つに、結核があります。放置すれば命に関わる病気ですが、病気についての正しい知識が普及していないため、患者は差別や偏見の目で見られることが多く、自分が結核であることを隠す患者が少なくありません。公立の病院やヘルスセンターでは無料で治療が受けられますが、毎日必ずその医療施設に通い、その場で薬を飲むことが条件になっています。結核で衰弱した患者が、片道30分以上かかる医療施設に毎日通うことは、現実的にはほぼ不可能でした。
そんな状況をよく理解し、都市スラムに暮らす貧しい結核患者が治療を受けやすくするための取り組みをすすめているのが日本の公益財団法人 結核予防会です。結核予防会はフィリピン政府の保健省と連携し、結核治療の普及に努めています。トンド地区スモーキーマウンテンでの結核治療を促進するため、現地のことをよく知るNGOと協力したいということで、2011年からアクセスがパートナー団体となり、結核予防会と一緒に結核患者の把握から治療までを行っていくことになりました。
(上の写真:結核予防会とのパートナーシップに関する署名式)


最も活躍したヘルスワーカー」、笑顔で受賞

image07.pngアクセスのヘルスワーカー数名は結核予防会が行う特別な研修を受講し、結核の疑いのある患者を見つけ出して検査機関に紹介する取り組みを始めました。その後、さらに専門的な研修も受けることで、通常なら医療機関でしか扱うことのできない結核治療薬をアクセスの多目的保健センターで預かり、患者に毎日、投薬するという業務もできるようになりました。こうした取り組みの成果が認められ、2012年8月に、ヘルスワーカーのリーダー的存在であるアクセス職員(スモーキーマウンテン住民でもある)が、「最も活躍したヘルスワーカー」として、結核予防会から表彰されました! 7月に住民リーダー殺害事件があり、非常に辛い時期を過ごしていた彼女にとって、保健衛生活動に対する高い評価は、大きな励みになったはずです。(左の写真:最も活躍したヘルスワーカーに選ばれたジェニファー(真ん中)) 


アクセス日本事務局 野田沙良
プロフィール

NPO法人アクセス

Author:NPO法人アクセス
フィリピンと日本で貧困問題に取り組む、国際協力NGOです。

〒612-0029
京都市伏見区深草西浦町4-78
村井第一ビル2階7号室

TEL 075-643-7232
メール acce@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。