スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクトの現場から

無ijhdfth題

●ペレーズ
・スタディツアーのホームステイ受け入れ体験

■ホームステイを受け入れるときの気持ち
私の名前はデセリーです。私の家には何度か日本のツアー参加者が泊まってくれています。何年か前、初めて私のこんな簡素な家に日本人の学生が泊まるかもしれないと聞かされたとき、私はとてもわくわくしました。こんな機会はめったにないし、私にとって初めて他の国の人に会う機会でした。私は村の外の事、母国以外の事にとても興味がありました。
一方で私の夫は英語でのコミュニケーションに自信がなく、最初はあまり乗り気ではありませんでした。それでも彼は参加者が実際に泊まった時には「彼らは大丈夫か?」、「もうご飯食べたか?」としょっちゅう私に聞いてきて参加者を気にかけていました。

jbnknklb.jpg














■だけどいつも心配・・・
一方で私たちがいつも心配していることもたくさんあります。私たちが普段食べている、ココナツミルクで味付けした、この簡素な食べ物が本当に日本人の口に合うのか?水は大丈夫か?私たちは参加者の具合が悪くならないことをひたすら祈っています。
最も忘れられない思い出は、参加者が寝ていた蚊帳の中にネズミが入って来て、彼女たちがおびえて震えてパニックになったことです。私は彼女たちの“ぎゃー”という大きな叫び声で目が覚めました。なんとかネズミを外に出した後、彼女たちに申し訳なくて、恥ずかしくてたまりませんでした。


■ 子どもたちの反応
子どもたちもまた日本人を受け入れるのをとても楽しみにしています。スタディツアーが来て村で日本人とすれ違うのに、自分の家には誰も泊まりに来ないと知ると、子どもたちは「なんで?なんで?」と聞いてきます。その度に辛抱強く、「うちが日本人の参加者を毎回独占できるわけじゃないからね」と言って聞かせています。

201408910112239.jpg

■ お互いを知る
コミュニケーションが限られた中ですが、日本人がいかに真面目でいかに働き者であるか、日本人がいかにフレンドリーで居心地が良い人々か、ホームステイの受け入れを通じて知りました。
でも、おそらく私たちの事をもっと良く知るために、また私たちが日本人の事をもっと良く知るためには、一晩では足りないのではないでしょうか?少なくとも丸一日と一晩が必要です。そうすれば私たちの骨の折れる仕事の苦労も分かるでしょうし、私たちがどれほど日本人を理解したいと願っているかも分かるでしょう。本当はもっともっと参加者について、日本について聞きたいこと、知りたいことがあるのです。


■ ツアー参加者へのメッセージ
最後に私の夫ジェマーと3人の子どもたちから、私の家で過ごしてくれた兄弟姉妹に“メリークリスマス”と“ハッピーニューイヤー”を贈ります。泊まってくれたみなさん自身も、そしてみなさんが残してくれた思い出も恋しいです。あなたたちは既に私たちの人生の一部です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人アクセス

Author:NPO法人アクセス
フィリピンと日本で貧困問題に取り組む、国際協力NGOです。

〒612-0029
京都市伏見区深草西浦町4-78
村井第一ビル2階7号室

TEL 075-643-7232
メール acce@sannet.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。